プロフィール

りゅういち

Author:りゅういち
農家。31才一児の父です。

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日野菜収穫 

 久しぶりの更新です。最近はひたすら漬物作業。予定より忙しすぎて少し嫌になっています。笑
今日はその工程を紹介したいと思います。


まず収穫

IMG_6168.jpg 

播種日、圃場が同じでも生長に差がありました。なので大きくなったものから順に収穫していきます。出来が良い
もので一本200g。圃場でできるだけ土を落としてから持ち帰ります。

次は洗い

IMG_6244.jpg 

野菜洗い機という名の水を流しながら回転するブラシに日野菜を突っ込むことで手で洗うよりも短期間で効率よく洗うことができます。

IMG_6186.jpg 

粗洗いした後、流し台に水を溜めて、再度洗ってやります。水が冷たい。


IMG_6171.jpg IMG_6172.jpg

そしてヒゲをピューラーで削ります。そして再度仕上げ洗い。水が冷たいー

IMG_6184.jpg 

これで塩漬けの準備完了。漬物桶に、茎が折れないように気を使いながら、塩をまぶしながら積んでいきます。

IMG_6245.jpg 

そして野菜と同じ重量の漬物石を乗せて完了。あとは水が上がるのを待ちます。以前のブログでも書いたのですが、

畑から抜いた野菜はまだ呼吸しておりそのままだと細胞内の栄養素を消費してしまいます。塩をまぶすと呼吸活動が停止。野菜の細胞内には栄養素が残ります。

塩の特徴の浸透圧で細胞に塩が溶け込み細胞内の水分を排水。よって腐敗を防ぎ保存性を高める

水が抜けても水溶性ビタミン、ミネラル等は失われず、鍋などで野菜を摂取するより効率的 。
そのほか大きさは小さくなるが食物繊維量は変わらないという 。

IMG_6210.jpg 

。。。で、水が上がり、アクをもみだしてから再度桶に入れてやり、酢をかけてやります。

IMG_6214.jpg 

かけた瞬間から色付いてきます。天然の着色料。

IMG_6230.jpg 

再度重石を乗せて数日寝かせます。

漬けあがったものをパックして出来上がり。この作業を何回も繰り返しています。ちなみに、漬物は加工の免許はいらないのですが、任意で加工業務の届けは出すことができます。僕は保健所に加工施設を見てもらい、OKを得てから届けを出しました。衛生面にはとても気を使います。

当分仕込が続きそうです。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。